痩身して理想の身体を手に入れたい|口コミや知識を把握しよう

女性

脂肪冷却のデメリット

ドクターとナース

新たな痩身術として口コミでも話題の、脂肪冷却というものがあります。気になる箇所の脂肪に対して施術を行い体から脂肪を排出させる方法です。この痩身術にはメリットが多く存在します。例えば、身体を傷つけるメスや注射を一切使用しないので痛みを伴いません。さらに寝ている間に施術は行われるので楽ちんなのです。このように体に優しい痩身術なので、ダウンタイムもほとんどなく口コミでも人気を集めています。しかし、このような楽な施術でもデメリットが存在します。実際に口コミでも多く寄せられるデメリットをご紹介します。そもそも脂肪冷却は時間がかかり、一部位あたり50分~60分専用の機械を使用して施術します。脂肪冷却をした箇所の細胞は、細胞としての働きを失い体から排出されます。排出されるまでの期間は2~3か月かかるので長い目で効果を見る必要があります。人間の代謝によって、脂肪が排出される量に違いがあるので、効果には個人差があります。人間のサイクルを中心とした無理な痩身術なので、安心できる施術法で口コミなどの評価は高いですが、なるべく早めに効果を出したいという方には向いていない方法でしょう。脂肪冷却は施術できる箇所が限られています。専用のカップを体に装着し、吸引と同時に冷却を行います。脂肪を引っ張る必要があるので、ある程度の皮下脂肪の量がないと行うことができないのです。具体的に言うと手で脂肪を掴める部分に施術を行うことが最適です。例えば、お腹、太もも、ウエスト、お尻、背中などがあげられます。そのため、皮下脂肪が少ないような箇所である、顔や顎下などは施術を行うことが難しくなります。脂肪冷却には大きな副作用はありませんが、ちょっとした副作用はあります。カップで脂肪を吸引するという作業が必要なので、赤みや内出血が起こる場合があります。一時的なものなので数日すると消えますが、肌の露出がある服装をする場合は、その赤みが目立ってしまうこともあります。そのため自分の予定と調整をして施術を行うようにしてください。また脂肪冷却とはその名の通り冷やすので、お腹に施術をした場合はお腹を壊してしまうこともあります。おなかが弱い人はあらかじめ医師に相談をするようにしましょう。

Copyright © 2017 痩身して理想の身体を手に入れたい|口コミや知識を把握しよう All Rights Reserved.